総合理工学研究科の修了生が2018年度未踏IT人材発掘・育成事業の「スーパークリエータ」に認定されました。

2019年6月4日

 総合理工学研究科博士前期課程・情報システム学コース(現:自然科学研究科博士前期課程)を修了された重光 史也さん(指導教員:鈴木貢准教授)が,独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施している「未踏IT人材発掘・育成事業」において「スーパークリエータ」として認定されました。本学に所属する学生及び修了生の認定は今回が初めてとなります。

 IPAでは突き抜けた才能を持つ若いIT人材(クリエータ)を発掘・育成するために、2000年度から「未踏IT人材発掘・育成事業(未踏事業)」を実施しています。これまでに延べ1,700名以上のクリエータを採択・育成してきました。
  特に卓越した能力を持つと認められたクリエータを「スーパークリエータ」として認定しており、今回認定した16名を加えて総勢327名となりました。

詳細は下記をご覧ください
IPA:https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2018/20190524.html
経済産業省:https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190524001/20190524001.html

お問い合わせ

総合理工学部
電話:0852-32-6124