経過

  理数分野に優れた意欲・能力を持つ学生をさらに伸ばすために工夫された取り組みとして,文部科学省が公募した平成22年度「理数学生応援プロジェクト」に,島根大学総合理工学部のプロジェクト「アクティブ・ラーニングを基調とした理工大好き学生の応援プログラム-「理工特別コース」の設置-」が採択されました。このプロジェクトは,平成22年度から平成25年度までの4年間,文部科学省の科学技術人材養成等委託事業として実施されます。

  平成23年度に,総合理工学部の各学科を横断する教育コースとして「理工特別コース」を新設しました。本コースには,理工系分野に強い興味・意欲,能力を持った学生を入学者の中から15名を選抜します。また,本コースのためのAO入試も実施し6名の学生を受け入れます。

  島根大学総合理工学部は,これまでSSH(スーパーサイエンスハイスクール)等の諸活動を通して,高校生の研究室訪問,高校で行う基礎講座,大学で行う実験・実習等の事業を実施し,高校生に対する理数系分野の啓発教育活動に学部全体として深く関わってきました。また,高大連携事業にも活発に取り組んできました。