課題研究発表会報告(平成25年7月10,17日)

2013年8月5日

 理工特別コースでは,平成25年7月10日,17日の2日間にわたって,理工特別コース2年生による「課題研究発表会」を開催いたしました。25年度前期の発表件数は12件あり,内1件は,学科・分野の枠を越えた「分野横断型課題研究」でした。

理工特別コースの「プロジェクトセミナー」では,理工特別コースの専任・兼任教員を含め,総合理工学部の5学科7分野の教員の研究指導の下で,学生が自ら立てた研究テーマに沿って「課題研究」を行います。具体的に,学生は研究テーマと半期の研究計画の設定から始め,複数の指導教員の下で学習・調査・研究を行います。さらに,各期末に開催する「課題研究発表会」で,研究成果を発表します。

「課題研究発表会」には,両日共に総合理工学部の5学科7分野の多くの教員や大学院生が参加し,教員や学生からの活発な質疑と,それに対する発表者からの応答がありました。

 

課題研究発表会(その1)  課題研究発表会(その2)

また,より良いプレゼンテーションを目指すため,昨年度より発表会後には,課題研究発表の反省会を開催しています。自身のプレゼンテーションを振り返りながら,「良いプレゼンテーションとは,本来どうあるべきか?」をみんなで考え,意見交換をすることで,理工特別コースの活動目標の1つである「学外での研究成果発表」に向けた準備を行っています。   

 課題研究発表会プログラム.pdf(207KBytes)